真菌が原因で感染してしまう性病の症状や治療法を中心に抗真菌薬について解説しているサイトです。「カンジダ症」や「水虫」という言葉に覚えのある方、当サイトでその治療薬である抗真菌薬について詳しくなっていってください。

抗真菌薬の情報配信局の6月記事一覧

水虫の原因である真菌と抗真菌薬

真菌とはカビのことを言います。
そのカビが原因で起こる疾患を、真菌症または真菌感染症といいます。
水虫は白癬菌というカビが原因で起こる、真菌感染症です。
おもに足に出るものと思いがちですが、実は体のいたるところに感染する疾患です。
シラクモ、タムシ、インキンタムシなど出る場所によって病名が変わりますが、すべて同じ白癬菌です。
足に出る場合は足水虫と、爪水虫に分類されます。
足水虫は指と指の間にできる趾間びらん型や、足の裏やふちに出る小さな水泡があり、どちらもむず痒さや、痛みをともなった痒さがあります。
掻きすぎると指と指の間が白くふやけ、皮が剥がれびらん面となり常に湿った状態になります。
また足の裏やかかとの皮膚が、かたく分厚くなる角質増殖型は、痒みはあまりないが、冬になると角質の乾燥で、ひびやあかぎれができ、痛みを伴うこともあります。
爪水虫は爪の中に白癬菌が入り込むことが原因で起こります。
親指の爪に出るのがほとんどで、爪が変形したり、黄白色に濁ったりします。
そのまま何もせず放置をつづけると、爪が分厚く盛り上がり、もろくなって徐々に変形していきます。
治療のための医薬品としては、カビを殺す抗真菌薬を使うのが一般的です。
抗真菌薬には、飲み薬と塗り薬があり、足水虫の場合は塗り薬を使います。
治療を続けていると、いったん症状が治まったように感じて、そこで止めてしまいがちですが、白癬菌は潜伏しているだけで、完全になくなったわけではありません。
症状が良くなっても3か月~6ヶ月は、根気よく塗り薬で治療を続けることで、完治につながります。
爪水虫は塗り薬ではあまり効果が出ません。
爪の中まで薬が浸透しにくいため、有効成分が効果的に菌にまで届く、抗真菌薬の飲み薬が効果的です。