真菌が原因で感染してしまう性病の症状や治療法を中心に抗真菌薬について解説しているサイトです。「カンジダ症」や「水虫」という言葉に覚えのある方、当サイトでその治療薬である抗真菌薬について詳しくなっていってください。

抗真菌薬の情報配信局の4月記事一覧

性交渉でなくても移るカンジダ対策と抗真菌薬の利用

カンジダとは真菌という黴の一種が膣内や口の中に異常発生する病気で、性病の一つでもありますが、性交渉とは無関係に感染する場合もあります。
温泉で使うお風呂の椅子から移ってしまったという場合や体力が落ちると発生する、という場合あります。
また、生後間もない赤ちゃんでも口の中をきれいにしておかないとカンジダが発生する場合もあります。
女性は外陰部に強いかゆみが生じたりヨーグルトや酒粕状のおりものが出てくるため、発見しやすいのですが男性は目立った症状が出にくいので、女性側が治療をしても男性が感染していると性交渉で再び感染するため治療に時間がかかる、ということもあります。
そのため、男性も治療や対策をしておく必要があります。

カンジダの治療には抗真菌薬を利用します。膣内や外陰部に抗真菌薬を塗布することが基本になります。男性も、症状が出ていなくても局部に抗真菌薬を塗布することで性交渉中に相手へ感染や病状悪化を防ぐことにもつながります。
カンジダの対策として、特に不特定な相手と性交渉をする場合は他の感染症を阻止するためにもコンドームを利用することと、常に身体をきれいにしておくことは勿論ですが、通気性の悪い下着を避けるといった、少し意外な対策法もあります。
また、カンジダは性交渉に限らず体力が落ちた場合、抗生物質やステロイドの利用で発生する場合もあるので、体調管理を十分にすることも大切です。

体調が悪い時に発生するカンジダならばともかく、性交渉で感染するカンジダは防ぐことが可能です。パートナーを恥ずかしい思いから守るためにも、カンジダのみならず性感染症への感染を防ぐためにも、事前の対策は怠らずにしておきましょう。